書籍紹介

  • 実践から学ぶ高齢者虐待の対応と予防 立ち読みする お気に入り登録

  • 実践から学ぶ高齢者虐待の対応と予防


    高崎絹子 監修  岸恵美子・小長谷百絵・小野ミツ 編


    B5 208ページ(判型/ページ数)   2010年6月発行 978-4-8180-1530-2


    • 定価: 2,808 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    最新!この1冊で包括的な「高齢者虐待」への対応が可能に!

     長年、日本高齢者虐待防止学会等で活動してきた著者たちが、増えつつある高齢者虐待に看護職ら支援者がどう対応したらよいのか、「高齢者虐待防止法」施行後の最新の実践を紹介。在宅、施設・病院での高齢者虐待の特徴、虐待見極めのポイント、発見・対応・予防の原則、事例を元にした対応について学べます。また支援に欠かせないネットワーク・システムづくり、支援者研修の実際なども網羅。介護職、行政職、法律関連職の方にもおすすめです。「高齢者虐待対応の基準となる資料」「高齢者虐待防止法全文」つき。

目次

● はじめに

【第1章 高齢者虐待の現状と課題】
1.高齢者虐待の定義と法制度の動向
2.高齢者虐待の実態と活動の現状
3.高齢者虐待防止への諸外国の動向
4.「高齢者虐待防止法」の法的枠組みと課題

【第2章 高齢者虐待の理解と対応の原則】
1.高齢者虐待を見極めるポイントと発見・対応の原則
2.在宅での高齢者虐待の特徴と対応
3.施設での高齢者虐待の特徴と対応
4.高齢者虐待の予防
5.高齢者虐待における家族支援
6.認知症と高齢者虐待

【第3章 実践事例でみる高齢者虐待への対応】
1)在宅
1.危機介入が必要な事例
2.認知症の高齢者の事例
3.精神疾患を併せもつ高齢者の事例
4.男性介護者の事例
5.アルコール依存症の介護者の事例
6.共依存の事例
2)施設・病院
1.施設で対応した事例 疑いの段階で通報し、緊急保護
2.病院で対応した事例 高齢者のライフヒストリーの視点から
3.分離後、施設で対応した事例
4.施設内虐待を疑う家族の事例 虐待防止の電話相談から
5.認知症高齢者の不適切な行動と対応
6.高齢者の安全と身体拘束・抑制

【第4章 高齢者虐待のネットワーク・システムづくり】
1.高齢者虐待防止ネットワークの必要性 世田谷区の取り組みを例に
2 保健師がつなぐ地域のネットワーク 行田市の取り組み
3.多職種連携と支援の実際 松戸市の取り組み
4.施設間ネットワーク・職種間チームワークの構築

【第5章 高齢者虐待における研修システム】
1.埼玉県の高齢者虐待対応専門員研修
2.認知症介護研究・研修センターの研究事業

【資料】
1.高齢者虐待対応の基準となる資料
2.「高齢者虐待の防止、高齢者の擁護者に対する支援等に関する法律」全文
3.高齢者虐待に関する相談窓口および関連団体

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー