書籍紹介

  • 日本クリティカルケア看護学会誌 第7巻 第3号 お気に入り登録

  • 日本クリティカルケア看護学会誌 第7巻 第3号


    日本クリティカルケア看護学会編集委員会 編


    A4 78ページ(判型/ページ数)   2011年9月発行 978-4-8180-1610-1


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 品切れ

    「日本クリティカルケア看護学会誌」は、日本クリティカルケア看護学会(代表:黒田裕子)が発行する学術研究誌です。本会は、あらゆる治療・療養の場、あらゆる病期・病態にある人々に生じた、急激な生命の危機状態に対して、専門性の高い看護ケアを提供することで、生命と生活の質の向上を目指すこと、クリティカルケア看護学の発展に寄与することを目的としています。第7巻第3号は原著(英語論文)1編、研究報告3編、その他1編を掲載しています。

目次

原著 
大動脈瘤バルンパンピング装着患者への回復促進を目指す清拭基準およびCOMFORT質問表の作成に関する研究   櫻井文乃ほか

研究報告
先天性心疾患術後急性期看児に対する適切な看護介入判断の検討  伊達清美ほか

A大学病院ICU摂食・嚥下機能評価法の開発と有用性の検討    
濱崎真由美・平松八重子・秋山直美

緊急入院した脳神経疾患患者の特性と入院期間との関連   梶原弘平ほか

我が国における術前不安の素因と影響要因および看護援助に関する文献考察  
村川由加里ほか


書籍紹介
雑誌紹介
セミナー