書籍紹介

  • 臨床倫理ベーシックレッスン 立ち読みする お気に入り登録
  • 身近な事例から倫理的問題を学ぶ


    臨床倫理ベーシックレッスン


    石垣靖子・清水哲郎 編著


    B5 168ページ(判型/ページ数)   2012年6月発行 978-4-8180-1677-4

    ★本書制作の裏話と書評をこちらで公開中★


    • 定価: 3,024 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    日々のケアの中で倫理的問題について迷ったときの道標にしてください!

    「臨床倫理」というと難解もの、敬遠したいものと感じる人も多いようですが、医療者は日々、患者へのケアを行う中で倫理的問題に対応しています。本書では、臨床現場で倫理的問題になることの多い具体的な場面を取り上げ、医療者がどのように患者を尊重し、その人らしい生き方ができるようにサポートしていくべきかについて考えていきます。医療現場に長年携わってきた看護師・石垣教授と、哲学者・清水教授の異色コンビによる臨床倫理の本です。日々のケアの中で遭遇する倫理的問題について考える際の道標にしてください!

目次

Part 1 看護における倫理を考える
Part 2 臨床倫理の考え方
Part 3 身近な事例を通して臨床倫理を考える
1 臨床倫理検討シートの使い方
2 臨床倫理レッスン
レッスン1 [終末期患者・家族とのかかわり]
 予後告知を拒否する家族と医療者とのディレンマ
レッスン2 [終末期患者・家族とのかかわり]
 死にゆく妻の夫への対応
レッスン3 [終末期患者・家族とのかかわり]
 終末期がん患者の身体的・精神的苦痛への対応
レッスン4 [治療の拒否・中止を訴える患者・家族とのかかわり]
 化学療法の中止を求める患者への対応
レッスン5 [治療の拒否・中止を訴える患者・家族とのかかわり]
 胃瘻の適応があるのに造設を拒む家族への対応
レッスン6 [精神科疾患を有する患者へのかかわり]
 入院を拒み、医療保護入院となった患者への対応

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー