書籍紹介

  • 家族看護選書 第4巻 在宅での家族への看護 立ち読みする お気に入り登録

  • 家族看護選書 第4巻 在宅での家族への看護


    野嶋佐由美・渡辺裕子 編


    A5 184ページ(判型/ページ数)   2012年6月発行 978-4-8180-1674-3

    『家族看護選書』全6巻のご紹介(編集部のページ)


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    これまでの『家族看護』から、「在宅」領域に焦点を当てた論文を一冊にまとめました!

    本巻では、さまざまな苦難を抱えて、不確実性の中で生活を再構築している家族に対して、病院—在宅の移行を支援する家族看護の実践について取り上げた。在宅介護をしている家族の力や意思決定を支えつつ、退院・リハビリテーションに向けての移行を支援するために必要な視点を網羅している。また、在宅で家族を支えるケアの中で、注目をあびている≪看取りのケア≫≪精神・認知症患者の在宅ケア≫を取り上げた。

目次

はじめに(野嶋佐由美)

第1章 在宅で家族を支えるケア
家族の強み(Family Strengths)を支援する看護(森下幸子)
在宅ケアの継続・再開をめぐる家族の意思決定(本田彰子)
社会資源活用に関する家族の意思決定(瓜生浩子)
訪問リハビリテーションにおける家族支援(佐藤健三)
訪問看護で出会う関わりの難しい家族とそのアプローチ(竹森志穂)

第2章 状況や疾患に応じた患者と家族へのケア
「在宅療養」するがん患者と家族へのケア(濵本千春)
看護者との協働に基づく家族のモニタリング(大納庸子)
閉じこもりがちな難病家族介護者への社会的支援(平澤則子)
地域に根ざした在宅療養の継続を目指して(生駒真有美)
高位頸髄損傷患者の自宅療養に向けての家族支援(北原美奈ほか)

第3章 在宅での看取りのケア
在宅ターミナルケアにおける家族への看護(遠藤美由紀)
在宅で高齢者を看取る家族への看護(野島あけみ)
訪問看護ステーションにおける遺族ケア(秋山正子)

第4章 精神科領域の在宅での家族ケア
統合失調症患者の退院に向けた家族の看護(田井雅子)
地域精神科リハビリテーションにおける家族看護(東美奈子)

第5章 認知症患者の在宅での家族ケア
認知症患者を介護する「家族の力」を引き出す看護(北山三津子)
認知症患者家族の「家族介護力」を引き上げるアプローチ(石川容子)
認知症患者とともに生活する家族の「介護継続」を支えるケア(池添志乃)
訪問看護における認知症患者の家族へのケア(秋山正子)

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー