書籍紹介

  • 災害派遣シミュレーションQ&A 立ち読みする お気に入り登録
  • 被災地で活動するナースのための


    災害派遣シミュレーションQ&A


    山崎達枝 編著・石川県看護協会災害看護委員 執筆協力


    B6判 160ページ(判型/ページ数)   2013年9月発行 978-4-8180-1784-9


    • 定価: 1,944 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    災害支援活動の“キホンのき”、学べます!

    本書では、隣県で災害が発生し、災害派遣の看護職として出動要請がかかり、被災地へ向かうところから、現地での活動内容や注意点について、そして活動期間が終了し、帰還するまでの一連の流れを、シミュレーション問題を通して学べます。また、災害看護研修の内容も紹介しています。大災害発生時には看護職として被災地支援に行きたいけれども、どうすればよいのか、実際に何をするのかがわからない、自分が行って役に立つのか不安、……という人、必見です!

目次

Part 1 被災地で支援活動を行う看護職
 被災地に赴く看護職の派遣元・派遣先と求められる知識・適性
 日本看護協会災害支援ナース

Part 2 シミュレーション問題から学ぶ 災害支援ナース―出動要請から帰還後まで
 Scene 1 出動要請から現地到着まで
  Q1 職場への手続き、自分の環境調整
  Q2 活動にあたっての心構え
  Q3 身分保障と保険
  Q4 持ち物・準備物品
  Q5 情報収集(現地までの到達ルート、道路情報など)
  Q6 災害対策本部に到着したら

 Scene 2 被災地での活動
  Q7 避難所スペースの振り分け
  Q8 腹痛、下痢、嘔吐を訴える人への対応
  Q9 発熱があり食欲がない子どもへの対応
  Q10 夜間徘徊をする高齢者への対応
  Q11 高齢者の食事
  Q12 余ってしまった食料
  Q13 暑さ対策
  Q14 子どもへの対応
  Q15 地元の人との連携
  Q16 活動中の写真撮影
  Q17 福祉避難所のスペースの振り分け
  Q18 福祉避難所の要援護者への対応
  Q19 福祉避難所でのトイレ歩行
  Q20 避難所に避難していない地域の人への対応
  Q21 地域への家庭訪問

 Scene 3 派遣終了時から帰還後まで
  Q22 引き継ぎ
  Q23 被災地住民への帰還の挨拶
  Q24 帰還時の連絡
  Q25 活動報告
  Q26 支援者のストレス

Part 3 災害看護研修の内容紹介
 夜間を想定した避難所生活体験
 避難所におけるトイレ問題に関するグループワーク
 避難所の写真を見て問題は何かを考えるグループワーク
 災害時を想定したロールプレイング
 机上シミュレーション―避難所の立ち上げ

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • ナース発 東日本大震災レポート

    • ナース発 東日本大震災レポート



      日本看護協会出版会編集部 編
      978-4-8180-1611-8
      2011年9月発行  定価 2,592 円(税込)


      在庫:有り
      東日本大震災の被災地域の看護職と、支援に赴いた看護ボランティア、被災地の患者・住民を受け入れた施設など、さまざまな立場の看護職183人による活動レポート集

    • 避難所・仮設住宅の看護ケア

    • 避難所・仮設住宅の看護ケア



      黒田裕子・神崎初美 著
      978-4-8180-1680-4
      2012年7月発行  定価 1,944 円(税込)


      在庫:有り
      避難所や仮設住宅の看護は特別なものではなく、基本的な看護の知識・技術を使って行うものです。著者の長年の経験知が結集した本書を被災地支援の際に活用してください。

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー