書籍紹介

  • 実践的スピリチュアルケア お気に入り登録

  • 実践的スピリチュアルケア


    ナースの生き方を変える“自利利他”のこころ
    大下大圓 編著


    B5 248ページ(判型/ページ数)   2014年5月発行 978-4-8180-1844-0
    「自身の潜在力」と「看護の質」を高める “自利利他”のスピリチュアルケアとは!?


    • 定価: 2,484 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    【ナースの潜在力を高める】【看護ケアに活かせる】実践のヒントが満載!!

    スピリチュアルケアは、限られた状況や特殊な場ではなく、ケアに携わるすべてのナースが“ケアリングの応用”として実践できるものです。本書は「自分を高めること」と「他者を活かすこと」の両方を重視する仏教の教え“自利利他”をテーマに、スピリチュアルケアの理解につながる多様な視点を示しつつ、自他のスピリチュアリティに関与した事例を数多く紹介しています。視野が開ける一冊です。

目次

■はじめに~僧侶がスピリチュアルケアを説くわけは

■序章:スピリチュアルケアを学ぶあなたに

■第1章:ナースが知っておきたいスピリチュアルケアの基礎知識

 1.「スピリチュアルケア」とは何か

 2.スピリチュアルケアの理解を深めるために

 3.仏教をベースにしたスピリチュアルケア

 4.スピリチュアルケアの実践に欠かせない死生観の確立

 5.クライアントを支えるスピリチュアルケア

 6.チーム医療とスピリチュアルケア

 7.さまざまなスピリチュアルケア

■第2章:ナース自身の潜在力を高めるスピリチュアルケア

 1.スピリチュアルケアのコアとなる「臨床瞑想法」を知る

 2.スピリチュアルケアのコアとなる「臨床瞑想法」を会得する

 3.事例から考える、自分づくりのスピリチュアルケア

■第3章:看護に活かすスピリチュアルケア

 1.他者のために行うスピリチュアルケアとは

  *事例1:生活の中での折に触れたかかわりで、患者が穏やかな気持ちを取り戻した事例
  *事例2:傾聴・共感の姿勢をもって待つことで、心の声・スピリチュアルな声を聴いた事例
  *事例3:鎮静を希望する患者と意思決定を迫られた家族のスピリチュアルペインにかかわった事例
  *事例4:救急搬送された患者に対し、集中治療室でスピリチュアルケアを行った事例
  *事例5:急性期病棟において患者の最期の希望を支え、家族のグリーフケアにつないだ事例
  *事例6:スタッフとともに瞑想を行い、危機的状況にある患者へのかかわりを振り返った事例
  *事例7:療養者の“死の間際の語り”を通して、訪問看護師が学びを得た事例
  *事例8:一人娘の幸せを祈る患者と、失われた時間を取り戻した家族を支えた在宅での事例
  *事例9:離乳指導を通して、スピリチュアルペインを伴う親子間感情を再構築した助産師の事例
  *事例10:被災地で、タッチング(足湯)による癒しの提供と傾聴を行った事例
  *事例11:避難生活で傷ついた心の回復を目指し、つらさを訴える住民に寄り添う保健師の事例
  *事例12:避難所で暮らす人の悲嘆を受け止め、生きる力を取り戻せるよう支援した事例
  *事例13:看護学生のスピリチュアルペインに気づき、その癒しと回復を支援した教員の事例
  *事例14:災害看護学教育・大学院修士課程において、「スピリチュアル」に関するケアを取り入れた事例
  *事例15:看護・福祉の基礎教育に、スピリチュアルケア教育と臨床瞑想法を導入した事例

 2.スピリチュアルケアを実践するナースのために

■資料:スピリチュアルケアについて学べる講座一覧

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • リラクセーション法入門

    • リラクセーション法入門



      小板橋喜久代・荒川唱子
      978-4-8180-1779-5
      2013年8月発行  定価 2,592 円(税込)


      在庫:有り
      リラクセーション法は看護ならではのケアの技で、臨床での活用が期待されています。親しみやすい文章とイラストでリラクセーション法について体系的に学べる入門書です。

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー