書籍紹介

  • 認知症の語り 立ち読みする お気に入り登録

  • 認知症の語り


    本人と家族による200のエピソード
    認定NPO法人 健康と病いの語りディペックス・ジャパン 編


    新書 624ページ(判型/ページ数)   2016年6月発行 978-4-8180-1980-5

    ★本書各ページのQRコードからPCやスマホで動画が見られます(DIPEx-Japanサイト)


    • 定価: 2,592 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    認知症って本当はこうなんだ! 本人と家族介護者の生の言葉が現代医療の問題点を映し出す!

      
    認知症本人と家族の声を集めたウェブサイト「認知症本人と家族介護者の語り」の書籍版。本人や家族の生の声から、「病気」としての認知症ではなく、病いとともに生きる「経験」としての認知症について知ることができます。「認知症だけにはなりたくない」「認知症になったらもう終わりだ」と考える人が多いのが現実です。でも、本当にそうなのでしょうか?認知症本人と介護家族の語りを通して、「認知症は決して絶望ではない」「認知症でも立派に生きていける」ということを、現在同じ病いに苦しんでいる人や、将来なるかもしれない予備群の人々にお伝えします。

目次

第1部 認知症本人と家族介護者の語り

[認知症の診断]
 1 症状の始まり
 2 病院にかかる
 3 診断のための検査
 4 診断されたときの気持ち

[認知症の治療]
 1 薬物療法
 2 非薬物療法・リハビリ・代替療法

[認知症の症状とどうつきあうか]
 1 認知症のタイプと症状の違い
 2 認知機能の変化(記憶・時間・空間・言語など)
 3 心配の種(お金・火の元・運転・触法行為)
 4 日常生活の障害(排泄・食事・睡眠など)
 5 「徘徊」と呼ばれる行動
 6 対応に困る行動(不穏・暴力・妄想など)
 7 レビー小体型認知症に特徴的な症状(幻覚・替え玉妄想・認知機能の変動)

[認知症になるということ]
 1 認知症と向き合う本人の思い
 2 認知症本人の家族への思い
 3 病気であることを伝える
 4 病気と仕事のかかわり
 5 本人からのメッセージ

[介護者になるということ]
 1 介護者の心の葛藤(介護うつ、虐待に陥らないために)
 2 介護と自分の仕事のかかわり
 3 認知症の進行に伴う意思決定

[介護の実際と社会資源の活用]
 1 日々の暮らしを支える
 2 家族内の介護協力
 3 周囲からのサポート
 4 家族会・患者会に参加する
 5 介護サービスの利用
 6 経済的負担と公的な支援制度
 7 施設入所を決める


第2部 認知症本人と家族介護者の語りを医療・介護に生かすために


 1.「認知症本人と家族支援のためのWebサイト」プロジェクト
 2. 医療とナラティブ
 3.「健康と病いの語りデータベース」について

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • 認知症高齢者の世界

    • 認知症高齢者の世界



      日本赤十字看護学会 臨床看護実践開発事業委員会 編
      978-4-8180-1916-4
      2015年6月発行  定価 1,944 円(税込)


      在庫:有り
      グループホームや病院、研究の現場で看護師が出会った場面を紹介し、認知症高齢者の思いや行動の意味について解説。認知症ケアに携わるすべての人に贈る1冊です。

    • 急性期病院で治療を受ける認知症高齢者のケア

    • 急性期病院で治療を受ける認知症高齢者のケア



      鈴木みずえ 編集
      978-4-8180-1793-1
      2013年12月発行  定価 2,808 円(税込)


      在庫:有り
      認知症の人に関心をもち、ニーズは何かを考える患者-看護師を超えた人間関係が、認知症看護の基盤です。急性期病院で認知症高齢者への対応に戸惑っている方、必見です!

    • 認知症予防のための回想法

    • 認知症予防のための回想法



      鈴木正典 編著
      978-4-8180-1788-7
      2013年12月発行  定価 1,836 円(税込)


      在庫:有り
      本書は,地域で働く看護職,介護・福祉職向けの,写真を使った回想法のガイドブックです。会話を弾ませるシナリオと写真集から構成され,便利な一冊です。

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー