書籍紹介

  • 産褥期のケア 新生児期・乳幼児期のケア お気に入り登録
  • 助産師基礎教育テキスト 2017年版
    第6巻


    産褥期のケア 新生児期・乳幼児期のケア


    責任編集 横尾京子


    B5 248ページ(判型/ページ数)   2017年2月発行 978-4-8180-2026-9


    • 定価: 3,888 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    新しい時代に求められる助産基礎教育のテキストです!
     

    前半の「産褥期のケア」では、産後の女性とパートナーを支える過程で必要な考え方や知識・技術を、褥婦の適応とアセスメント/ニーズとセルフケア/母乳育児支援/親子の絆/家族計画の視点でまとめています。また後半の「新生児期・乳幼児期のケア」では、新生児の適応生理やニーズに基づく健康診査・ケア等について示しました。

目次

[産褥期のケア]

第1章 助産師が行う産褥期のケア
1.助産師が行う産褥期のケアとは
 1 産褥ケアの理念
 2 産褥ケアに求められる実践能力

第2章 産褥期の適応とアセスメント
1.産褥期の身体的変化とフィジカルアセスメント
 1 退行性変化とアセスメント
 2 産褥経過における生理的範囲の逸脱

2.産褥期の心理・社会的変化とアセスメント
 1 出産体験の臨床的意義
 2 出産体験の自己評価と母親役割行動の適応
 3 褥婦の不安
 4 育児不安と育児ノイローゼ
 5 家族関係の調整
 6 マタニティブルーズ

第3章 褥婦のニーズとセルフケア
1.退行性変化の促進
 1 産褥日数に応じた「個別性のある」退行性変化への理解
 2 子宮復古の促進

2.日常生活援助
 1 産褥期の身体回復に合わせた基本ニードの充足と援助
 2 産褥期の不快症状への援助

3.親役割獲得を支えるケア
 1 親役割の獲得
 2 新生児の基本的な養育技術学習のための支援
 3 新生児との新しい生活設計に向けた支援
 4 出産に関する手続きと,地域資源の活用

4.セルフケア能力を高めるケアと指導
 1 褥婦自身が心身の状態に気づけるように支援する
 2 退院後の生活に向けて自尊感情を高める

第4章 母乳育児支援
1.乳房の形態
 1 乳腺組織の発生と発達
 2 乳房の解剖

2.乳房の機能
 1 妊娠中からの乳房の変化と乳汁分泌機能
 2 乳汁産生調節のメカニズム

3.吸啜・嚥下・呼吸にかかわる新生児の解剖と機能
 1 新生児の口腔の構造
 2 哺乳に関する発達と行動
 3 吸着と吸啜

4.授乳の方法
 1 産後早期の母子接触と授乳・母子同室
 2 授乳のタイミング
 3 適切で楽な授乳姿勢(ポジショニング)
 4 効果的な吸着(ラッチ・オン)と吸啜
 5 授乳の観察とアセスメント
 6 効果的な母乳育児が行われているサイン

5.授乳中に起こりやすい問題
 1 産後の乳頭・乳房トラブル

6.母乳育児支援に必要な情報とケア
 1 母乳育児支援のためのカウンセリング
 2 妊娠中の情報提供と支援
 3 出産後の情報提供と支援
 4 母乳と食事
 5 母乳と薬剤・タバコ・アルコール
 6 母体疾患と母乳育児の可否

第5章 親子の絆とアタッチメントの形成
1.親子関係を支えるケア
 1 出生直後の早期接触と母子相互作用
 2 子どもの受容を促す
 3 母子関係を支えるケア
 4 父子関係を支えるケア

2.家族関係・機能の再調整を支えるケア
 1 夫婦関係の再構築に向けた支援
 2 新たな親子関係,きょうだい関係形成の支援
 3 祖父母との関係の支援

第6章 家族計画
1.産後の家族計画の意義
 1 産後の家族計画指導の要点

2.産後の家族計画指導の基本
 1 家族計画からみた産後の女性の特性
 2 産後の性意識
 3 産後の性機能の回復
 4 産後の性生活再開の時期と初回性交時の留意点

3.産後の避妊法の実際
 1 避妊法の選択
 2 産後の避妊法の条件
 3 具体的な避妊法
 4 避妊法の利用状況



[新生児期・乳幼児期のケア]

第1章 助産師が行う新生児期・乳幼児期のケア
1.助産師が行う新生児期・乳幼児期のケアとは
 1 助産師としての責任と能力
 2 新生児期・乳幼児期のケアの基本

第2章 新生児の適応生理
1.子宮外生活への適応
 1 子宮内生活と子宮外生活の違い
 2 呼吸の適応
 3 循環の適応
 4 体温調節の適応
 5 血液の変化
 6 栄養の適応
 7 水分・電解質バランスの適応
 8 黄疸処理の適応
 9 感染防御機能の適応
 10 内分泌機能の適応
 11 神経機能の適応
 12 感覚器の適応

2.新生児の行動上の特徴
 1 新生児の行動状態の分類
 2 出生後の行動の変化

第3章 新生児のフィジカルイグザミネーション
1.新生児の分類と特徴
 1 新生児の分類
 2 生後早期の生理的特徴
 3 妊娠分娩経過による影響

2.新生児のフィジカルイグザミネーションの実際
 1 診査の準備
 2 診査の体位
 3 診査の流れ
 4 診査の手順
 5 診査結果の記録
 6 母親・家族への問診
 7 臨床検査の結果
 8 健康診査の結果と今後の予測
 9 新生児疾患の発症予防および早期発見

第4章 新生児のニーズとケア
1.体温維持
 1 出生直後の体温管理
 2 正常新生児の体温管理

2.身体の清潔

3.感染予防
 1 感染予防の概念
 2 新生児の感染症の要因
 3 感染予防の具体策

4.黄疸のケア
 1 症状と観察
 2 原因と予防
 3 治療とケア

5.記録と安全管理
 1 新生児クリティカルパス
 2 安全管理

6.新生児マス・スクリーニング 
 1 先天性代謝異常症の新生児マス・スクリーニング
 2 新生児聴覚スクリーニング
 3 助産師として新生児期のスクリーニングにおいて配慮すべき点

第5章 乳幼児の発達と健診
1.乳幼児健康診査
 1 乳幼児健診に必要な技術
 2 乳幼児期の発育(発達)評価
 3 乳幼児健診のシステムと事後措置

2.乳幼児の健康増進と疾病予防
 1 身体発育を促進するケア
 2 社会性を育むケア
 3 家族へのケア
 4 起こりやすい事故の予防と対策
 5 乳幼児の危険な徴候と予防的ケア

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー