書籍紹介

  • NEW
  • 看護管理学研究 (2017年度刷) お気に入り登録
  • 看護管理学習テキスト 第2版
    第8巻


    看護管理学研究 (2017年度刷)


    監修: 井部俊子/中西睦子  編集: 中西睦子/上泉和子/増野園惠


    B5 220ページ(判型/ページ数)   2017年4月発行 978-4-8180-2048-1
    ★「2017年版」全巻のご案内はこちら▶▶▶


    • 定価: 2,376 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    看護管理に役立つ優れた研究論文について新たに章立て!

      
    日々の問題解決に,看護管理者は研究をどう活かし,またかかわればよいかを解説。看護管理,制度,政策の研究に必須の知識・視点を網羅しています。第2版では実際の研究論文をレビュー,看護管理に活かす視点を新たに示しました。

目次

第1章 看護管理学研究の変遷
 概要:日本の看護管理における研究とその活用の歴史
 論点1:看護制度変革の歴史と研究
 論点2:政策に影響を与える研究
 論点3:看護管理学研究に関連する研究機関
 論点4:政策研究の方法論
 討論:看護の政策に影響を与える研究とは

第2章 看護管理者と研究
 概要:研究結果の活用に関する看護管理者の役割
 論点1:看護における研究の体制をどう考えるか
 論点2:看護管理者の研究への参加と協力
 論点3:研究と倫理  
 論点4:研究成果の活用と普及
 討論:研究の実施や研究活動の受け入れにおける課題

第3章 これからの看護管理学研究
 概要:看護管理領域で優先すべき研究課題
 論点1:看護管理学に関する最近の研究動向
 論点2:看護管理学研究の優先度
 論点3:看護における研究開発部門と研究開発担当者の役割
 討論:看護管理学研究とは何か

第4章 看護管理に活かす優れた研究
 概要:看護管理に貢献する優れた研究論文
 論点1:研究の評価
 論点2:『DPC(Diagnosis Procedure Combination)導入による看護ケアの質の変化』の評価
 論点3:『手術看護における質保証のしくみづくり』の評価
 討論:研究を評価するために必要な能力

 付録:企画書とプレゼンテーション

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー