書籍紹介

  • 看護組織論 (2017年度刷) お気に入り登録
  • 看護管理学習テキスト 第2版
    第2巻


    看護組織論 (2017年度刷)


    監修: 井部俊子/中西睦子 編集: 井部俊子/勝原裕美子


    B5 248ページ(判型/ページ数)   2017年4月発行 978-4-8180-2042-9
    ★「2017年版」全巻のご案内はこちら▶▶▶


    • 定価: 2,484 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    シリーズ初の大改訂(第2版)では,環境の変化や時代の特性を考慮し,より充実した内容構成に!

      
    経営学の諸理論やツールを用い,また法律の解釈等を通じ,看護管理者が所属組織を分析し,多面的にとらえることができる内容構成です。組織のパワーを発揮させるために役立ちます。

目次

第1章 組織とは何か
 概要:組織とは何か 
 論点1:組織の成り立ちと構造  
 論点2:組織開発と組織変革
 論点3:組織文化と組織倫理
 論点4:組織分析(組織診断)
 討論1:組織の構造や機能を表現する  
 討論2:組織の姿を客観的に見る  

第2章 保健・医療・福祉サービス提供組織のしくみ
 概要:保健・医療・福祉サービス提供組織のしくみとは  
 論点1:保健・医療・福祉サービス提供組織の要件
 論点2:保健・医療・福祉サービスが成り立つしくみ
 論点3:サービス提供体制の変革に向けて
 討論1:保健・医療・福祉サービス提供組織はいかにして成り立つか
 討論2:サービス提供体制は変えられるのか

第3章 看護サービスを提供するしくみ
 概要:看護サービスを提供するしくみとは 
 論点1:医療分野で看護サービスを提供するための組織化
 論点2:老人保健・福祉分野で看護サービスを提供するための組織化
 論点3:新たな看護組織のあり方
 討論1:看護部門の存在意義を意識する  
 討論2:時間と空間をつなぐ看護管理の役割とは

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー