雑誌紹介

  • コミュニティケア 2017年4月号 立ち読みする お気に入り登録
  • 238号 (Vol.19, No.4)


    コミュニティケア 2017年4月号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2017年4月発行 978-4-8180-2004-7

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,512 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    訪問看護ステーションの

    後継者の育成


    訪問看護制度の創設から20年以上がたち、ステーションでは管理者の世代交代が始まっています。しかし多くの若手看護師は、非常にたくさんの業務を行う“管理職”のポストに魅力を感じず、管理者に任命されたタイミングで辞めたり管理者になったもののすぐに退職したりして、ステーションが休業・廃業するケースも増えています。事業の継承は経営者の務めです。年功序列や職務経験などだけを判断基準にして行う後継者選びをあらため、管理者を計画的に育成していく必要があります。

    本特集では、管理者の世代交代の現状と事業継承のポイントを解説した上で、管理者の役割や持つべき意識、後継者に伝授すべき知識などを考察。さらに、若手看護師の高い離職率からみる経営者の課題について提言します。
    これから多くの訪問看護ステーションが管理者の世代交代を迎えます。事業の継承は簡単なことではありません。事業を次の世代にスムーズに引き継ぐために、今、考えておくべきこと・しておくべきことをまとめます。


    特集2

    その症状は薬のせいかも?

    多剤併用への対応


    高齢者は多病ゆえに多剤併用に陥りやすく、近年、それによる副作用の出現や相互作用などの問題が指摘されています。

    第2特集では、多剤併用により起こり得る問題と、看護職がすべき服薬状況のアセスメントのポイントや、「既往歴の詳細な聴取」「自宅にある薬の確認」「モニタリングと多職種連携」といった多剤併用による問題への対策などを解説します。高齢者に出現しやすい「めまい・ふらつき・転倒」「せん妄」「排尿障害」「運動機能障害」の原因となり得る薬についても紹介。さらに、2つの訪問看護ステーションが、多剤併用により出現していた副作用に対応した事例と、多職種で連携し服薬支援をした事例について報告します。
    薬を飲んでいるのに症状が改善されなかったり、薬の種類を増やしたことで新たな症状が出現したりした利用者はいませんか? 本特集を参考に、多職種と連携しながら多剤併用による問題に取り組んでみてください。

目次

●第1特集 訪問看護ステーションの 後継者の育成


〈資料〉
管理者の世代交代の現状と事業継承のポイント 萩原 正子

〈解説1〉
職員教育と意識改革で円滑な管理職交代へ 滝口 美重

〈解説2〉
管理者の役割と持つべき意識を伝える 勝眞 久美子

〈解説3〉
訪問看護ステーションの後継者へのバックアップ 深澤 優子

〈提言〉
若手看護師の高い離職率からみる経営者の課題 村松 静子



●第2特集 その症状は薬のせいかも? 多剤併用への対応

〈総論〉
多剤併用による問題と対応方法 髙瀬 義昌

〈解説1〉
求められるのは生活と服薬を調和させるマネジメント 吉田 美由紀

〈解説2〉
多剤併用により出現しやすい症状 佐藤 一生

〈報告1〉訪問看護ステーションあかし
「薬のせいかも?」の視点を持った看護を 加藤 希

〈報告2〉訪問看護ステーション「なでしこ」
薬剤師との連携により薬の悩みや問題を解決 志茂 友紀子



●COLUMN
ニュース手帳
株式会社グローバルヘルスコンサルティング・ジャパン メディ・ウォッチ編集部

地域ケアの今 鳥海 房枝
高齢者への支援を考える 自立支援から看取りまで

〈新連載〉 訪問看護師の強い味方 上野 桂子
今以上の力が発揮されることを期待


●特別寄稿
“准救急隊員”の創設
消防法施行令の一部を改正する政令の概要 谷口 信平



●SPECIAL BOOK GUIDE
訪問看護師ががんになって知った「生」と「死」のゆらぎ



●短期集中連載
地域を元気にする“コミュニティナース”②
訪問看護にも生きる住民とのかかわり方 北川理恵



●SERIES
〈新連載〉 ステーションの看護を見える化しよう! 谷口 由紀子
“現場力”が高まり看護・管理が楽しくなる 追加してください。)

〈新連載〉 看護職のための文章講座 石黒 圭
専門語を避け、やさしい言葉を使おう

事例から考える 薬剤師との連携 小川 亮子・永井 則子・平田 桂子
老健を退所後、便秘になったAさん。下剤を増やしたほうがよいですか?

トシコとヒロミの往復書簡 井部 俊子
守備範囲の拡大

角田直枝の病院と地域を“看護”がつなぐ 角田 直枝
医師の“攻略法”を考えよう

支えられて 〜訪問看護師がALS療養者になって 牛久保 結紀
ステーキ皿で素敵

訪問の 合間に一句 詠んでみる 訪問看護“泣き笑い”川柳 北條 エミ

日本訪問看護財団からのお知らせ
平成29年度の日本訪問看護財団事業 ほか

全国訪問看護事業協会からのお知らせ
2017年度の全国訪問看護事業協会事業について ほか

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー