書籍紹介

  • NEW
  • いかにして患者の「気持ちいい」は生まれるのか お気に入り登録
  • シリーズ【看護の知】


    いかにして患者の「気持ちいい」は生まれるのか


    島田多佳子 著


    A5 232ページ(判型/ページ数)   2017年10月発行 978-4-8180-2062-7


    • 定価: 3,024 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる

    「気持ちいい」体験を現象学的視点から掘り下げる

      
    患者の「気持ちいい」体験は明確に説明することができないもので、それゆえ看護師はその体験を漠然と了解し、これまで患者の視点で探求されてきませんでした。ケアの場における患者の「気持ちいい」体験を、患者の語りを通して本人の視点でとらえ直すことで、病いを生きている患者にとって、「気持ちいい」とはどのような意味をもつものかの理解を深め、今後の「気持ちいい」ケアのあり方を考えます。

目次

Ⅰ プロローグ――患者の「気持ちいい」体験を探るために

Ⅱ 患者の語り

Ⅲ 患者の語りからみえてきたこと

Appendix[付記]
Ⅰ 文献の探求
Ⅱ 方法論の探求
Ⅲ 研究の具体的な方法

この書籍を購入した方はこちらも購入しています

    • 亡くなった子どもと「共に在る」家族
    • シリーズ【看護の知】


      亡くなった子どもと「共に在る」家族



      蛭田明子 著
      978-4-8180-2056-6
      2017年8月発行  定価 2,592 円(税込)


      在庫:有り
      死産や新生児死亡を経験した女性の語りを通して、これまで浮き彫りにされてこなかった女性の本当の想いを知ることで、医療者に求められる有用な支援は何かを考えます。

<<戻る

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー