雑誌紹介

  • NEW
  • 看護 2019年3月臨時増刊号 (Vol.71, No.4) 立ち読みする お気に入り登録

  • 看護 2019年3月臨時増刊号 (Vol.71, No.4)



    A4変 160ページ(判型/ページ数)   2019年3月発行

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 2,160 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    “子どもの暮らし”と地域包括ケア

    多様な場で生活を支える看護



    子どもと養育者を支える看護職の役割の重要性が増しています。日本看護協会は「看護の将来ビジョン」(2015年)で全世代型の地域包括ケアシステムの必要性を明記した上で健やかに生まれ育つことへの支援を掲げており、2018年度には切れ目のない妊娠・出産・育児環境と周産期医療体制の整備に取り組みました。産前から始まる、子育てや子どもの成長・発達に関するニーズ・課題に対し、地域で切れ目なく対応していくために、看護職の連携もこれまで以上に必要とされています。

    臨時増刊号では、多様な場で子どもの暮らしと成長・発達を支援している保健師・助産師・看護師・訪問看護師などの実践報告を中心に紹介します。それぞれの場で活動している看護職同士や多職種・多機関で連携していくためにも、ぜひ、お役立てください。



目次

◆1章 [解説]子ども・子育て世代にかかわる政策等と看護職への期待

1-1 妊娠期から子育て期にわたる切れ目のない支援と看護職への期待 中根 恵美子
1-2 切れ目のない支援に向けた看護職の必要性 モデル事業の取り組みから 鎌田 久美子
1-3 小児在宅移行支援指導者育成研修プログラムについて 井本 寛子


◆2章 [報告1]先駆的・特徴的な取り組み

2-1 妊娠期・出産期を支える
〈1〉「母性看護外来」における助産師によるメンタルヘルスケア 常盤 洋子
〈2〉気がかりな妊婦・親子を支援するための看護職間の連携システム 新谷 明子・内田 一美
〈3〉妊娠・出産・子育ての切れ目のない支援に向けた産後ケアセンターの役割 永森 久美子

2-2 乳幼児期を支える
〈1〉稲美町「すくすく子育てサポートセンター」における保健師の役割 藤原 美輪
〈2〉小児専門病院における在宅移行支援 渡部 玲子・小沢 道子

2-3 学童期を支える
〈1〉医療的ケア児の通園・通学を支える訪問看護 林 恵・上田 礼子
〈2〉特別支援学校への看護師の出向 石川 眞理子・杉浦 幸恵
〈3〉医療的ケア児の放課後等デイサービス 伊東 祥子
〈4〉多職種協働による「食物アレルギー対応子ども食堂」 笹畑 美佐子

2-4 乳幼児期~青年期を支える
〈1〉医療型障害児入所施設における超重症児の在宅移行支援 滝澤 幸子
〈2〉“第二の家”としてのこどもホスピス病棟 羽鳥 裕子


◆3章 [報告2]子どもを虐待から守る

3-1 医療と地域のネットワーク「こどもかんふぁ」を基盤とした特定妊婦等の周産期支援体制 波多腰 秀美
3-2 院内「小児虐待対応チーム」の活動 近藤 美和子


◆4章 [報告3]地域でつながり、子どもを支える

4-1 東京子ども等支援連絡協議会多摩「のびのび育ちの会」多職種・異業種のネットワークで「伴走型支援」をつくる 梶原 厚子・新井 朋子・白木 きよみ
4-2 札幌市における医療的ケア児支援のための看護職ネットワークづくり 北海道看護協会 モデル事業プロジェクトチーム
4-3 「チームやちよキッズ」の活動を通して考える訪問看護師の役割 福田 裕子
4-4 小児看護を多機関・多職種で学ぶネットワークづくり 入江 千恵


◆5章 [報告4]日ごろから備えて、災害時の支援につなげる

5-1 在宅療養児への災害時支援の実際 熊本地震を経験して 中本 さおり
5-2 災害ボランティアサークルによる子ども向け防災教育 武山 雅志・曽根 志穂・金谷 雅代
5-3 病院の防災対策と災害時の母子支援 八木橋 香津代
5-4 医療機能停止時の周産期の対応と地域のネットワーク構築 森 美乃・桑原 美保・吉村 圭子
5-5 災害時ストレスを抱えた子どもや養育者のこころのケア 子どものための心理的応急処置 赤坂 美幸・河嶌 讓

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー