雑誌紹介

  • コミュニティケア 2019年6月臨時増刊号 立ち読みする お気に入り登録
  • 269号 (Vol.21, No.7)


    コミュニティケア 2019年6月臨時増刊号



    A4変 80ページ(判型/ページ数)   2019年6月発行 978-4-8180-2147-1

    雑誌紹介動画【youtubeへリンク】


    • 定価: 1,760 円(税込)

    • 冊数: 

    • カートに入れる
    • バックナンバー  年間購読受付中!

    特集1

    「暮らしの保健室」のはじめかた

    「相談/学び/安心/交流/連携/育成」の場



    2011年に訪問看護師の秋山正子さんが東京・新宿の団地で開設した「暮らしの保健室」。誰でも無料でさまざまなことを相談でき、そこにいるだけでホッと安心できる場所として、その活動はすっかり定着し、今では全国に約50カ所の「暮らしの保健室」ができています。この「暮らしの保健室」へのニーズは、訪問看護・多職種連携・地域住民などさまざまな環境ごとに少しずつ違ってきますが、このたび、「暮らしの保健室」であることの6つの機能が整理されました。

    そこで、本臨時増刊号では、この6つの機能を手がかりに、あらためて「暮らしの保健室」とは何か? 開設するために必要なものは? 運営を続けていくために工夫することは? などを考えていきます。全国からさまざまなタイプ(開設経緯・運営方法など)の「暮らしの保健室」19施設からの報告も参考になります。あなたも「暮らしの保健室」をはじめてみませんか?



目次

[GRAPH part1]肝付町 暮らしの保健室 (鹿児島県肝付町)
利用者の笑顔があふれる集いの“場”


[GRAPH part2]暮らしの保健室 (東京都新宿区)
メイキング オブ 暮らしの保健室


[総論]「暮らしの保健室」は未来型共生社会への入り口

[解説]「暮らしの保健室」開設・運営の8つの知恵袋

[報告Ⅰ] わたしたちのはじめかた 10のケース

NPO法人かしわのもり (北海道鹿追町)
「暮らしの保健室」常設をめざし「オール十勝」で前に進む

沼田町暮らしのあんしんセンター (北海道沼田町)
行政主導型の「保健室」は全世代の住民を支える

あきた森の保健室 (秋田県由利本庄市)
まちの診療所の中にある「ほっとステーション」

みんなの保健室 陽だまり in 草加 (埼玉県草加市)
拠点を持たなくても活動できる「出前型」保健室の実践

ふじたまちかど保健室 (愛知県豊明市)
団地の「保健室」が引き出す産官学連携の介護予防の取り組み

ふらっと相談室 (京都市右京区)
地域の看護師が取り組む相談室は「地域の保健室」になる

よどまち保健室 (大阪市東淀川区)
コミュニティでの新しい看護活動を見える化させた「保健室」

暮らしの保健室 なごみサロン (兵庫県神戸市)
「利用者をお客様にしない」を目標に一緒に考える「保健室」を実現

暮らしの保健室 in 若松 こみねこハウス (福岡県北九州市)
「人を迎え入れる温かさ」を持つ家で「暮らしの保健室」に取り組む

NPO法人ホームホスピス宮崎 暮らしの保健室 (宮崎県宮崎市)
地域の新たなコミュニティを生み出す「暮らしの保健室」


[報告Ⅱ] 全国に広がる「暮らしの保健室」

暮らしの保健室 in ささえるさん (北海道岩見沢市)
「地域住民が主体的に動く」場となる「暮らしの保健室」

やまがた在宅ケアかんごねっと (山形県山形市)
“場”がなくてもバトンはつながる「ネットワーク型暮らしの保健室」

暮らしの保健室 かなで (東京都江戸川区)
「暮らしの保健室」は地域のコミュニティをつくっていく

暮らしの保健室 多摩 (東京都昭島市)
「身近にある相談の場」が持つ力をもっと広げていきたい

暮らしの保健室 あつぎ (神奈川県厚木市)
「暮らしの保健室」と「ジェラート」がつなぐコミュニティ

一般社団法人プラスケア (神奈川県川崎市)
多職種連携で実現する「おでかけスタイル型」保健室

みんなの保健室 わじま (石川県輪島市)
地域の常設型保健室で住民の覚悟と日常生活を支援する

コミュニティスペース「ややのいえ」「とんとんひろば」 (石川県小松市)
訪問看護・助産院・カフェが一体となった「暮らしの保健室

一般社団法人 湯のまち (大分県別府市)
「保健室」が地域交流の場となり、住民と一緒にまちづくりを構築する

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー