書籍紹介

  • 高齢者の転倒予防 お気に入り登録
  • Community Care Specialビデオ
    リスクアセスメント方式による


    高齢者の転倒予防


    鈴木みずえ 監修


    VHS 30分 ページ(判型/ページ数)   2004年4月発行 978-4-8180-1052-9


    • 定価: 9,720 円(税込)

    • 品切れ

     施設でも在宅でも使える高齢者の転倒予防のためのエッセンスを凝縮。高齢者の日常生活を分析した転倒のリスクアセスメントから、在宅独居高齢者宅の実写による住宅環境の危険箇所指摘とその改善点の紹介、そして転倒恐怖に関するアセスメントまで、徹底的に“リスクアセスメント”にこだわって編集。筋力・バランス強化のための簡単にできる転倒予防体操も紹介した転倒予防入門ビデオです。訪問看護師・ケアマネジャーが利用者宅に貸し出したり、在宅介護支援センター等での転倒予防教室での使用に最適です。

目次

1.高齢者はなぜ転倒するのか
2.高齢者の転倒リスクアセスメント
歩行機能低下/バランス機能低下/健康障害/視・聴覚の低下/薬剤の副作用/排泄/心理/認知機能
3.ここが危ない! 生活環境リスクアセスメント
庭先/玄関・縁側/床面/階段/トイレ/寝室/靴/居間・台所
環境改善のために→段差解消/照明/滑り解消・固定・整理/トイレ改造/ベッド使用/靴の選択
4.転倒後恐怖と自立支援のためのアセスメント
転倒恐怖感と転倒後症候群/転倒恐怖感のアセスメント/介護者へのアセスメント
5.転倒予防ための高齢者向け体操

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー