書籍紹介

  • 日本看護技術学会誌 第7巻 第1号 お気に入り登録

  • 日本看護技術学会誌 第7巻 第1号


    日本看護技術学会誌編集委員会 編


    A4 0ページ(判型/ページ数)   2008年3月発行 978-4-8180-1334-6


    • 定価: 2,376 円(税込)

    • 品切れ

    「日本看護技術学会誌」は、日本看護技術学会(代表:小板橋喜久代)が発行する学術研究誌です。本会は、看護技術の検証と開発を追究し、看護実践の向上に寄与することを目的としています。
    第7巻第1号は、第6回学術集会報告としてキーセッション5編、交流セッション10編、原著1編、研究報告1編、短報1編、を収録しています。

目次

日本看護技術学会第7回学術集会会告
第6回学術集会報告
キーセッション1:「うれし・たのし・きもちいい」支援を引き出す看護独自の介入の探求
キーセッション2:専門外来看護活動の発信
キーセッション3:笑いの力を見直す
キーセッション4:看護技術の快適性と生理人類学的視点
キーセッション5:ナラティブ・アプローチの可能性
交流セッション1:生活を支える看護の技
交流セッション2:看護療法としての気功
交流セッション3:痛くない-痛みのケアの確立を目指して(3)
交流セッション4:薬剤の血管外漏出時のケアについて考える
交流セッション5:看護技術の成果としての「癒し」はありうるか?
交流セッション6:日本看護実践事例集積センターの事例収集と検討へのお誘い
交流セッション7:気持ちのいいケア「温める」
交流セッション8:排泄の援助技術
交流セッション9:「ヘモタンポン」の即効性と有用性を実感し、普及しましょう
交流セッション10:癒しの看護技術
原著:オシロメトリック式自動血圧計と水銀血圧計を使用した血圧測定における較差に関する研究
研究報告:高齢者皮膚に対する合成擬似セラミド含有弱酸性皮膚洗浄剤の影響について
短報:頸椎術後患者のための頸部固定方法の提案
   

 

書籍紹介
雑誌紹介
セミナー