0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

産業看護のあゆみ(オンデマンド版)

  • 日本看護協会 編 木下安子・水梨律子・鎌田登志子・富山明子・松岡秀枝・南雲篤子 著
  • A5 162ページ (判型/ページ数)
  • 1986年05月発行
  • 978-4-8180-1421-3
【オンデマンド出版対象商品のためキャンセル及び返品は出来ません】
ご注文は㈱デジタル パブリッシング サービス(TEL:03-5225-6061 http://www.d-pub.co.jp)までお願いいたします。
本体価格(税抜): ¥2,300
定価(税込): ¥2,530
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

明治,大正,昭和初期・戦時下・戦後そして高度経済成長期の労働衛生の実態と産業看護婦の長く地道な活動の歴史と課題を著した貴重な労作。


序章
第1章 明治時代の労働衛生
1 職業看護婦の誕生
2 明治初期の技術導入と外人産業医
3 労働衛生に関する近代的論文発表
4 足尾銅山に産業看護の芽生え
5 鉱夫共済組合の発展
6 産業医局と病院
7 炭鉱労働と健康
8 紡績の労働と健康
まとめ
第2章 大正より昭和初期の労働衛生と産業看護
1 工場法の施行
2 健康保険法の制定
3 労働科学研究所の設立
4 労働衛生行政所管の変遷
5 結核対策への機運
6 工場法の改正
7 工場医局の調査
8 昭和初期の職業病
9 保健看護婦設置勧告とその後の産業看護活動
10 保健所法制定と全国保健婦大会
まとめ
第3章 戦時下、戦後の産業看護
1 戦時体制下の労働衛生
2 戦時体制下の保健婦活動
3 戦後の労働衛生行政
4 戦後の産業における保健婦活動
まとめ
第4章 高度経済成長期の産業看護
1 事業所保健婦の業務の変遷
2 産業看護活動と国際交流
3 産業看護の組織活動
4 産業看護に関する出版活動
まとめ
第5章 産業看護の現況――卒後教育、新しい健康問題
1 労働安全衛生法の制定と産業看護職
2 産業看護職の活動分野
3 産業看護の教育、研修
4 産業看護の活動内容
5 労働の変化と新しい健康問題
まとめ
年表

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿