0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

日本クリティカルケア看護学会誌 第5巻 第2号

  • 日本クリティカルケア看護学会編集委員会 編
  • A4 108ページ (判型/ページ数)
  • 2009年12月発行
  • 978-4-8180-1495-4
本体価格(税抜): ¥2,200
定価(税込): ¥2,420
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

「日本クリティカルケア看護学会誌」は、日本クリティカルケア看護学会(代表:井上智子)が発行する学術研究誌です。本会は、あらゆる治療・療養の場、あらゆる病期・病態にある人々に生じた、急激な生命の危機状態に対して、専門性の高い看護ケアを提供することで、生命と生活の質の向上を目指すこと、クリティカルケア看護学の発展に寄与することを目的としています。
第5巻第2号は、第5回日本クリティカルケア看護学会学術集会報告として会長講演を集録。また、投稿論文は原著3本、研究報告5本を掲載しています。


第5回日本クリティカルケア看護学会学術集会報告
[会長講演]日本のクリティカルケア看護の未来 臨床家からの提言(松月みどり)
原著
クリティカルケア看護への看護理論の適用に関する研究 第1部:科学的看護論を適用した事例検討会における看護者全体の認識の変化の構造(寺島久美)
クリティカルケア看護への看護理論の適用に関する研究 第2部:科学的看護論適用のための方法的知見
(寺島久美)
集中治療室における患者管理の1つとしての身体抑制を取り巻く看護師の判断と行動(長澤静代ほか)

研究報告
ICU入院中の患者に対する子どもの面会制限に関する実態調査(山口亜希子ほか)
拡張型心筋症患者が病気を受け入れていくプロセスと看護支援に関する研究(蓬田 淳ほか)
早期にリハビリテーション施設への転院を選択した初発脳卒中患者の家族の在宅介護に対する認識(林みよ子ほか)
在院日数短縮に伴う消化器外科系病棟における周手術期看護の現状と課題(高島尚美ほか)
わが国のクリティカルケアにおける医療者の遺族ケアに関する認識と現状(立野淳子ほか)

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿