0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

Community care MOOK (C.C.MOOK)

はじめてのタクティール®ケア

手で“触れて”痛み・苦しみを緩和する

  • 木本明恵 総監修
  • A4変 128ページ (判型/ページ数)
  • 2016年11月発行
  • 978-4-8180-2031-3
本体価格(税抜): ¥2,000
定価(税込): ¥2,200
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

手でゆっくり“触れる”ことで、本人も介護者も心地よくなる!注目の「タクティールケア」を徹底紹介

  
両手でやさしく、ゆっくりとした動きで背中や手足を触れる「タクティールケア」。認知症の人をはじめ、あらゆる人を“心地よく”させるこのケアは、肌と肌の触れ合いによるコミュニケーション方法でもあり、ケアされている人に安心感を与え、痛みを緩和すると共に、ケアをしている人も癒されます。まさに“看護の原点”に立ち返れるケアともいえるケアです。ナース・介護職・家族、誰でもできるケアの方法と効果が、この1冊でつかめます。


口絵 タクティールケアで実現するいきいきライフ

ダイジェスト版 背中・手・足のタクティールケア

第1章 タクティールケアの意義
 タクティールケアで地域・在宅のナースができること

第2章 医師から見たタクティールケアの可能性
 難病や障害をもつ子どもへのケアにおけるタクティールケアの可能性
 認知症ケアにおけるタクティールケアの意義と展開

第3章 タクティールケアの基礎知識
 背中・手・足のタクティールケアの手技
 腹部・顔・頭のタクティールケア
 〈Column〉10のQ&Aで学ぶタクティールケアのコツ

第4章 タクティールケアを実践してみて
 [救命救急病棟]急性期でのタクティールケアの驚くべき効果
 [小児科]タクティールケアで重症児たちがリラックスできる
 [高次脳機能障害専門クリニック]障害をもつ患者の“できない”より“できる”を見つけるケア
 [精神科病棟]タクティールケアは“身体的接触”のコミュニケーション技法
 [精神科訪問看護]タクティールケアでその人本来の穏やかさが戻った
 [訪問看護]信頼関係を築き、症状緩和を行うための強い味方
 [訪問看護]タクティールケアを通して看護の原点を伝えていく
 [訪問看護]訪問リハビリテーションに効果的な誰でもどこでも使えるケア
 [高齢者ケア施設]認知症緩和ケア理念に基づいた1つの手法として
 [高齢者ケア施設]人として“触れ合い”を大切にしてケアに当たる
 [鍼灸]看護師として鍼灸師として生かすタクティールケア
 [看護師・患者としての感想]関節リウマチになった看護師としてタクティールケアに思うこと
 [グループインタビュー]利用者だけでなく、スタッフたちをも変えた“触れる”ケア
 〈Column〉タクティールケアがもたらす力を実感した事例

特別寄稿 ケアにおける“手”の有用性

付録 タクティールケア・認知症緩和ケア理念 講座受講ガイド

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿