0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

Community Care MOOK (C.C.MOOK)

実践者の語りで理解する「生活を支える看護」

  • 一般社団法人 生活を支える看護師の会 編
  • A4変 152ページ (判型/ページ数)
  • 2019年02月発行
  • 978-4-8180-2176-1
関連カテゴリ
本体価格(税抜): ¥2,300
定価(税込): ¥2,530
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

「診療の補助」に追われ、後回しになりがちな「療養上の世話」…その醍醐味を取り戻す「視点」がここにあります!

   
好評だった『コミュニティケア』臨時増刊号「よりよい療養支援のために『生活を支える看護』を考える」を加筆しての書籍化! 訪問看護・高齢者ケア施設など、地域で実践している「生活を支える看護師の会」のメンバーが、自らの取り組みを詳細に報告。その「語り」の中には患者・利用者、そして家族の「生活」を支えるための“看護”がいっぱい詰まっています。地域のナースはもちろん、「診療の補助」業務に追われて、患者の「生活」に思いを寄せることが難しい病院のナースに、ぜひ、読んでいただきたい1冊です。


〈口絵〉 3つの観点で考える「生活を支える看護」23のポイント

〈総論〉 「生活を看る看護」看護の原点の拡張と実践の多様性─21世紀の看護論・私(試)論─

〈報告〉生活を支える看護師たちの実践

1 活き活きと生きるのが「生活」 その生活を支える看護とは
2 “生活”は健康の土台特別養護老人ホームで支えるために
3 病気や障がい、加齢などの変化があっても、自分らしく暮らす
4 その人が望む生き方を全うするために必要な「life生命と人生」
5 ナースが考えたい「生活」とはこの世を去る過程での生きた証
6 看護にとっての「生活」とは看護の対象となる人のあるべき姿
7 看護と生活は切り離せられない「生活」の中に看護がある
8 看護にとっての「生活」とは“優先すべき指標”
9 看護にとって「生活」とは毎日の積み重ね
10 看護が支える「生活」とは“自ら生きること”
11 “おせっかいおばちゃん”ができるのが「生活の場の看護」
12 「生活の中の看護」が支える“その人”の尊厳

Column 「生活を支える看護師の会」とは

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿