0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

家族看護 13

  • 野嶋佐由美・渡辺裕子 編集
  • A4変 152ページ (判型/ページ数)
  • 2009年02月発行
  • 978-4-8180-1391-9
本体価格(税抜): ¥2,500
定価(税込): ¥2,750
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

特集:認知症患者の家族へのケア

 認知症患者のケアにあたっては“本人の尊厳の保持”が重要であり、たとえ認知症になっても、できる限り住み慣れた地域で、馴染みの人間関係や居住空間で暮らしていくことが大切とされています。それは、生活をともにする「家族」の精神的・身体的健康が維持されて初めて実現するものであり、介護を担う家族の健康が阻害されれば、住み慣れた地域での生活は継続できません。
 しかし、大切な人が認知症と診断され、症状が進み、言動や行動に混乱していくプロセスに直面している家族は大きな悲しみや戸惑いを受け、その上、24時間休みなく続く介護による身体的負担も加われば、家族が精神的・身体的健康を維持することはとても困難な状況となります。
 そこで、本特集では、介護を担う一つの単位として、認知症患者とともに生きる家族がおかれている状況について概観し、家族としてのセルフケア機能を最大限発揮できるか、家族に対するケアのあり方を考えます。〈Overview〉では、認知症患者と家族をめぐる現状について、看護、そして社会学の視点からそれぞれ概説します。〈Point of View〉では、家族の「力」や「関係性」に着目して家族に対する看護のあり方を考えるほか、認知症にともなう行動・心理症状(BPSD)、介護ストレス、介護役割、退院支援、看取りなどさまざまな援助方法から家族ケアについて捉え、また多様な認知症患者の家族へのケアとナースのジレンマを整理します。そのほか、地域ケアにおける家族ケアについても取り上げ、認知症患者の家族へのケアを幅広く論じます。
 本特集は、歴史的な視点、社会的な視点、看護的な視点、当事者の視点など、多面的な視点から、認知症患者とともに生きる家族に対して看護を論じたユニークな特集です。



《Overview》
●認知症患者の家族に対する看護のあり方
●認知症とされる人と生きる家族介護者――社会学の立場から

《Point of View1:“家族の力”に着目した家族ケア》
●認知症患者を介護する「家族の力」を引き出す看護
●認知症患者家族の「家族介護力」を引き上げるアプローチ
●認知症患者とともに生活する家族の「介護継続」を支えるケア
 ――家族の介護キャリアの形成に向けて

《Point of View2:“家族の関係性”を軸にした家族ケア》
●家族関係の再構築に取り組む認知症患者の家族
●認知症患者の家族の「受容の心理的プロセス」と看護の関わり
 ――認知症の妻をもつ夫に焦点をあてて

《Point of View3:多様な援助方法からみる家族ケア》
●認知症高齢者の行動・心理症状(BPSD)に対する家族支援のあり方
●「ストレスマネジメント」から見た認知症高齢者・家族の理解と支援
●認知症患者家族の「介護役割の引き受け」への支援
●認知症患者・家族の在宅療養を支える退院支援
●認知症患者の「看取り」における家族ケア
 ――家族が後悔しない看取りに向けて
●多様な認知症患者の家族ケアにおけるナースのジレンマ

《Point of View4:地域における家族ケア》
●訪問看護における認知症患者の家族へのケア
●家族会から生まれた「家族支援講座」
 ――「楽らく家族支援プログラム」の実際
●認知症になっても安心して暮らせるまちづくり
 ――東京都練馬区の地域づくり型認知症対策事業の実際

第二特集:家族支援専門看護師、誕生

●家族支援専門看護師に求められる能力
●多職種との協働で広がる家族看護の可能性
●家族支援専門看護師の専門性と施設に適した活動を目指して

Family & Society
●「認知症の医療と生活の質を高める緊急プロジェクト」
 ――報告書内容と家族看護への課題

Practice―実践報告―
●NICU・GCUにおける家族看護
 ――杏林大学医学部付属病院における取り組み

Research―研究―
●高齢者虐待における家族の関係性から見た介入・支援方法の検討
 ――地域包括支援センターで関わった対応困難事例の分析

Self-Help Group & Volunteer
●高次脳機能障害者と家族の会
 ――10年の活動から見えてきたこと

家族看護をめぐる手帖
●「家族の日」の模索

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿