0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

[認知症plus]シリーズ

認知症plus予防教育

運動・食事・社会参加など最新知見からの提案

  • 金森雅夫 編
  • B5 216ページ (判型/ページ数)
  • 2020年02月発行
  • 978-4-8180-2248-5
本体価格(税抜): ¥3,000
定価(税込): ¥3,300
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

認知症になるのを遅らせたり、認知症になっても進行を緩やかにするために、今からできること

世界的な医学雑誌「Lancet」の掲載論文「認知症予防、介入、ケア」では、認知症罹患の35%は抑制可能だとしています。そして認知症予防のための推奨項目として「運動」「地中海食」「豊富な社会ネットワークとうつ対策」をあげています。本書はこの3つに基づいた学際的研究(医学、薬学、スポーツ学、栄養学、看護学、理工学など)と地域における取組みの最前線を紹介します。


prologue 論文「認知症予防、介入、ケア」から再考する 認知症の予防教育

第1章 認知症予防のエビデンスとリスク対策およびケア
1 ライフコースモデルでみた認知症の予防とリスク低減
2 認知症の生活習慣に関する介入研究の最新の知見
3 認知症の人の快適さの最大化に向けてのケア

第2章 早期認知症の基礎知識
1 早期認知症とは
2 運動と脳機能

第3章 生活習慣病予防──今からできること
[ベクトル1]生活習慣病予防のための健康教育
1 生活習慣病予防のための健康教育
2 生活習慣病予防のための健康教育の実践法
[ベクトル2]薬についての健康教育
1 認知症の病型と抗認知症薬の作用メカニズム
[ベクトル3]残存認知機能の増強
1 認知刺激の方法
2 認知症人へのパーソン・センタード・ケアを支援するデジタルセラピー
3 理想的な運動の仕方
4 運動療法とリハビリテーション
5 睡眠のメカニズムと認知機能
[コア1]運動
1 健康科学の最近の知見─楽しい運動と環境づくり
2 循環器系疾患の予防と健康運動
3 サルコペニア・フレイル・ロコモティブシンドローム予防の健康運動
4 運動とサプリメント─骨格筋蛋白質の代謝調節
[コア2]栄養
1 栄養と認知症予防
[コア3]豊富なネットワーク、うつ減退
1 認知症の人をみつけて治療の舞台にのせる原動力─医歯薬・介護職間のネットワーク連携の実際
2 認知症予防カフェなどの地域での取り組み
3 長野県での実践例─ゆるやかなネットワークと場づくり
4 多職種とのネットワークによる認知症予防
[福祉先進国スウェーデンから学ぶ]
1 スウェーデンにおける認知症の人のための住宅
2 認知症がある人へのタクティールケア
3 日本からみたスウェーデンケアの特徴と学ぶべきポイント

第4章 認知症の将来展望
preface 今後の認知症ケアにおける技術的開発
1 マイクロ・ナノテクノロジーの特徴を生かしたデバイス開発と将来の医療
2 HIIT(高強度・短時間・インターバルトレーニング)と疾病予防
3 終末期の課題─いつか来る自らの終末に備えて


本書は認知症予防・教育に関心のある人々への入門書である。執筆者は、科学的根拠(エビデンス)に基づいて認知症予防について解説した。
本書の構成づくりの発端となったのは、2017年12月、英国の医学専門誌「The Lancet」に掲載された論文「認知症予防、介入、ケア」(以下、Lancet誌論文)である。この総説は665の論文について検討している。統計上解釈が難しい面もあるが、現在の認知症対策に関するエビデンス集、つまり知恵の論集といってよいだろう。本書はこの論文の内容を踏まえ、現在の日本における認知症の予防教育について、それぞれの分野の専門家の立場から執筆されている。
 第1章はLancet誌論文の概要および世界各地で行われている様々な認知症の介入研究について紹介した。第2章では、認知症の基礎知識として、「早期認知症」と「運動と脳機能」について解説した。第3章では、認知症の予防対策として、①生活習慣病予防、②薬についての健康教育、③残存認知機能の増強、という3つのベクトルを示し、その3つのベクトルに共通したコアセクションとして、①運動、②食生活、③豊富なネットワークをあげて、それぞれの領域における最新の知見や取り組み例を紹介している。第4章では、将来展望として、工学と医学、スポーツ科学と医療といった学問分野の境界を超えた学際的な研究の最前線を提示した。そして最後に、誰もが避けては通れない終末期の課題についての問題提起で本書の締めくくりとした。
読者の方には、ご自身の興味のある項目から読んでいただいて構わない。本書を読むことによって、認知症予防対策に対する総合的視野に立つことができるだろうと考える。同時に、認知症予防のエビデンスについて系統的に理解できるように構成してあるので、各領域の最先端に触れることができよう。しかし、認知症研究は日進月歩である。将来、新しい知見が出たときに本書を読み返すことによって、その相違が明確になると思う。
本書は、看護師、医師、理学療法士、管理栄養士など医療関係者はもちろんのこと、行政や民間で健康運動事業に携わる関係者に、そしてまた、生涯教育の一環として「認知症予防についてこれから学ぼう」という意欲あふれる一般市民の方にも読んでいただけることを願っている。
 
最後に、本書の企画・制作にあたり、ご執筆いただいた皆様に多大なお力添えをいただきました。感謝申し上げます。
2020年1月  金森 雅夫

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿