0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

「看護管理」実践Guide

学習課題とクイズで学ぶ看護マネジメント入門 第2版 NEW

  • 原玲子 著
  • B5 280ページ (判型/ページ数)
  • 2020年08月発行
  • 978-4-8180-2276-8
本体価格(税抜): ¥3,000
定価(税込): ¥3,300
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

看護管理を初めて学ぶ学生や復習したいナースにおすすめの一冊です!

医療チームの一員として効果的な看護サービスを提供するためには,看護マネジメント(看護管理)の基礎概念を理解しておくことが大切です。厚生労働省「新人看護職員研修ガイドライン改訂版」では,看護実践における管理的側面についての到達目標(「安全管理」「情報管理」「業務管理」「薬剤等の管理」「災害・防災管理」「物品管理」「コスト管理」)が示されています。
本書は,看護マネジメントの基盤となる考え方から,上記の7領域はもとより,「医療の質評価」「地域包括ケアシステム」「身体拘束ゼロの推進」など注目度の高いキーワードまでを学べる初学者のための入門書です。豊富なイラストや事例がポイントをわかりやすく示し,クイズやミニテストも盛り込まれているので楽しみながら学べます。


第1章  マネジメントとは  
 001 マネジメントとは  
 002 マネジメントプロセスの4つの機能
 003 PDCAサイクルとは 
 
第2章  看護マネジメントとは 
 004 看護マネジメント(看護管理)の考え方の歴史的変化
 005 看護マネジメントとシステム 
 006 看護過程と看護ケアのマネジメント

第3章 医療におけるサービスの構造 
 007 サービスとは 
 008 サービスの基本的特性
 009 サービスの3つの構造と顧客満足 
 010 医療サービスの質評価
 011 ドナベディアンの医療の質評価 

第4章  組織の成り立ちと病院組織の基本的構造 
 012 組織とは 
 013 組織構造における管理の原則
 014 代表的な組織デザイン
 015 病院組織の管理者の区分と役割
 016 事例で学ぶ組織図のしくみ 

第5章  目標管理
 017 経営管理論の変遷 
 018 目標管理
 019 目標管理における「組織目標」と「自己目標」の関係 
 020 目標面接と目標管理システム 
 021 バランスト・スコアカードによる目標設定
 022 看護サービス提供のための目標設定

第6章 情報共有のしくみ  
 023 情報とは何か
 024 診療情報の記録と電子化
 025 情報の取り扱いにおける注意事項

第7章  医療の中の協働 
 026 病院における看護職集団の連結ピン 
 027 看護提供システム
 028 チーム医療
 029 クリティカルパス 
 030 リーダーシップ

第8章  業務遂行のマネジメント 
 031 病院組織における労務管理
 032 看護業務遂行のための業務管理 
 033 看護業務遂行のための物的資源管理
 034 看護業務遂行のための医薬品管理
 035 タイムマネジメント
 036 ストレスマネジメント

第9章 日本の医療制度と病院経営
 037 医療提供体制 
 038 医療保険制度
 039 診療報酬制度
 040 「重症度,医療・看護必要度」 
 041 DPC(診断群分類)
 042 地域医療連携
 043 地域包括ケアシステム
 044 介護保険制度
 045 病院の財務分析の視点

第10章 医療安全の基本的な考え方 
 046 医療事故とは何か 
 047 患者への影響度による医療事故レベルの分類  
 048 ヒューマンエラーとヒューマンファクター
 049 インシデントレポートの意義と活用
 050 インシデントレポートの共有のしくみ
 051 ある病院で起きた手術患者取り違え事故から学ぶこと
 052 危険予知トレーニングの理論と方法 
 053 事故発生のメカニズム
   ――あるファミリーレストランで起きたミステリー  
 054 根本原因分析法(RCA) 

第11章 医療現場の感染管理の基本 
 055 感染症発症のメカニズム 
 056 医療関連感染への対策 
 057 スタンダードプリコーションと感染経路別予防策 
 058 感染管理の組織化

第12章 医療現場における業務上の危険 
 059 看護職員の業務上の危険要因 
 060 職業感染の危険 
 061 医療機器・材料の使用にかかわる危険 
 062 医薬品等への曝露に伴う危険 
 063 労働形態や作業に伴う危険 
 064 患者・同僚および第三者による暴力 

第13章 災害対策の基本 
 065 災害とは 
 066 災害が人々や環境に及ぼす影響 
 067 災害サイクルと求められる支援
 068 平時の救急医療と災害医療との違い 
 069 トリアージとは 
 070 トリアージの原則と倫理的ジレンマ
 071 災害による被災者のストレス 
 072 心理的回復プロセスと被災者の心のケア 
 073 援助者の心理への影響 
 074 災害に関連する法律 
 075 災害時の医療体制 
 076 災害時の病院における医療提供体制 
 077 医療機関における大災害への備え

第14章 看護職の法的責任 
 078 看護職者に問われる法的責任 
 079 看護業務の法的範囲 
 080 看護師に求められる判断 
 081 看護師に必要とされる注意義務
 082 静脈注射についての行政解釈の変更

第15章 看護者の基本的責務 
 083 そもそも倫理とは
 084 法と倫理 
 085 なぜ,看護に倫理が必要なのか 
 086 倫理の原則 
 087 看護者の基本的責務  
 088 「看護提供に際して守られるべき価値・義務」
 089 看護の「責任を果たすために求められる努力」 
 090 「土台としての個人的徳性と組織的取り組み」 
 091 看護職が遭遇する倫理的ジレンマ
 092 身体拘束ゼロの推進
 093 倫理的問題の所在の明確化と解決のための基本的プロセス

第16章 看護職のキャリア開発 
 094 キャリアとは 
 095 キャリアアンカー
 096 ライフサイクルとキャリア
 097 ワーク・ライフ・バランス
 098 キャリア開発とは
 099 臨床看護職員のキャリア発達とキャリア開発ラダーの考え方
 100 キャリア開発ラダーのしくみ 
 101 新人看護職員研修制度
 102 国際看護の視点
 103 ジェネラリストとスペシャリスト
 104 特定行為を手順書により行う看護師
 105 看護職の拡大する役割と資格認定制度

解答と解説  
 ・クイズ・ミニテストの解答および解説 
 ・学習課題の解答および解説

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿