0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]03・ジェンダー

ナイチンゲールはフェミニストだったのか

  • 河村貞枝・出島有紀子・岡田 実・喜多悦子・矢口朱美・佐々木秀美・五十嵐 清 著
  • 四六 152ページ (判型/ページ数)
  • 2021年05月発行
  • 978-4-8180-2339-0
本体価格(税抜): ¥1,700
定価(税込): ¥1,870
在庫: 有り
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

元祖わきまえない女、見参!

伝統的な慣習や社会規範が色濃く残っていたヴィクトリア朝時代。「女性」というだけで社会で活躍する機会がないことに絶望していたナイチンゲールは、長い苦闘の期間ののち、男性に隷従しない女性のあり方・生き方を問い、自ら行動を起こして「看護」を専門職へと高めました。一方、彼女は当時イギリスで盛んだったフェミニズム運動とは距離をおき、批判さえしています。ナイチンゲールは「フェミニスト」だったのでしょうか? 看護・医学、英文学、文化史、人道研究などの専門家がナイチンゲールと彼女をめぐるジェンダー論について考察しました。


ヴィクトリア朝時代のフェミニズム……河村貞枝
バーバラ・リー・スミス・ボディションとナイチンゲール……出島有紀子
ナイチンゲールの女性論:ラスキン、J.S.ミル、ガマーニコフとの比較から……岡田実
ナイチンゲールはフェミニストだったのか:作家ヴァージニア・ウルフの視点から……矢口朱美
女性の権利運動にナイチンゲールが果たした役割と、わが国における展開……佐々木秀美
[コラム] 
ナイチンゲールをめぐる3人のオトコたち……喜多悦子
「英国派遣日赤救護隊記」から考察する日本のジェンダー平等意識……五十嵐清


女性は〈家庭の天使〉であるべし、という伝統的な慣習や社会規範が色濃く残っていたヴィクトリア朝時代。「女性である」というだけで社会で活躍する機会や場が奪われていることに絶望していたナイチンゲールは、長い苦闘の期間ののち、断固としてこれに異を唱えました。そして男性に隷従しない女性のあり方・生き方を問い、自ら行動を起こし、「看護」を専門職へと高めたのです。
一方で、彼女は当時イギリスで盛んだったフェミニズム運動、女性の権利運動とは距離をおき、積極的にかかわることはしませんでした。それどころか、女性活動家を「おしゃべり女たち」と批判さえしています。
いったい、ナイチンゲールは「フェミニスト」だったのでしょうか? 看護・医学、英文学、女性史、文化史、国際人道支援、人道研究など様々な領域の専門家が、ナイチンゲールと彼女をめぐるジェンダー論について考察しました。
(編集部)

カテゴリ一覧

ページトップへ


関連商品

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]02・感染症

ナイチンゲールはなぜ「換気」にこだわったのか

  • 岩田健太郎、徳永哲、平尾真智子、丸山健夫、今岡浩一、岩田恵里子、百島祐貴 著
  • 四六 104ページ (判型/ページ数)
  • 2021年01月発行
  • 978-4-8180-2309-3

定価(税込): ¥1,430

本体価格(税抜): ¥1,300


ナイチンゲールはその著書の中で「新鮮な空気」がいかに健康保持に大切かを繰り返し伝えています。コロナ禍の今、「換気」と「感染症」に関する彼女の先見の明に驚くばかりです。

ナイチンゲール生誕200年記念出版

[ナイチンゲールの越境]01・建築

ナイチンゲール病棟はなぜ日本で流行らなかったのか

  • 長澤 泰、西村かおる、芳賀佐和子、辻野純徳、尹 世遠 著
  • 四六 148ページ (判型/ページ数)
  • 2020年09月発行
  • 978-4-8180-2279-9

定価(税込): ¥1,760

本体価格(税抜): ¥1,600


病院が備えるべき第一条件は病院建築が患者に害を与えないこと──ナイチンゲールが理想とした病院建築はどのようなものか。歴史研究の第一人者である建築家と看護師が追う!