0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

家族看護 5

  • 野嶋佐由美・渡辺裕子 編集
  • A4変型 160ページ (判型/ページ数)
  • 2005年02月発行
  • 978-4-8180-1133-5
本体価格(税抜): ¥2,500
定価(税込): ¥2,750
在庫: 僅少
数量:
カートに追加しました。
カートへ進む

特集1:

特集:難病患者とともに生きる家族への看護

 難病の多くが、身体障害を伴い、また進行性であるため、難病患者と家族は、症状・予後に対する不安や不確かさの中で、経済的・精神的負担を抱えています。また一方で、看護者は難病患者や家族となかなか信頼関係を築けず、どのように関わっていけばよいのか戸惑いながらケアをしている現実もあります。
 本特集では、難病患者とともに生きる家族の姿を浮き彫りにし、そこに表れる各々の生活や思いを手がかりに、家族が直面する課題への具体的なアプローチ方法を論じます。さらに、看護者がバーンアウトしやすい状況を踏まえて、難病患者と家族との関係性を検証し、看護者のあるべき姿勢やサポート体制についても考察します。



特集 難病患者とともに生きる家族への看護
Overview
●難病者とともに生きる家族/川村佐和子
●難病状態にある病者とともに生きる家族を支える看護/野嶋佐由美
●13年の難病在宅介護から見えてきたこと/田沼祥子

Article
●難病患者とその家族の病気・障害受容と看護支援/長戸和子
●患者・家族との関係性の構築/渡辺裕子
●患者および家族への意思決定への支援筋神経系難病患者の人工呼吸器装着決定に焦点を当てて/本田彰子
●「呼吸」に関する指導・教育身近な当事者への情報提供/水野優季
●看護者との協働に基づく家族のモニタリング/大納庸子
●閉じこもりがちな難病家族介護者への社会的支援/平澤則子
●地域に根ざした在宅療養の継続を目指してカンファレンスを軸にした多職種ネットワークづくり/生駒真有美

Case Example
●神経難病患者・家族の心の揺れと看護師の役割/小野崎香苗
●診断の確定・告知直後の家族への支援家族看護エンパワーメントモデルを用いて/金子智美
●重症児を家庭に迎え入れた“家族の発達”を支援する/田中千鶴子,宮坂真紗規,伊沢百合子
●遺伝性の難病患者とその家族へのケア家族性アミロイドポリニューロパチー患者・家族の事例を通して/柊中智恵子
●ALSを生きる家族に寄り添う訪問看護師の家族援助のあり方/山口幸恵,佐々木裕子,芝山章子

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿