0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

別冊「ナーシング・トゥデイ」19

糖尿病の患者さんによく聞かれる質問100

  • 金子美恵・瀬戸奈津子 監修
  • A4変 208ページ (判型/ページ数)
  • 2004年04月発行
  • 978-4-8180-1061-1
本体価格(税抜): ¥2,356
定価(税込): ¥2,592
在庫: 絶版
カートに追加しました。
カートへ進む

今や成人の6人に1人が糖尿病を持っていると言われています。合併症も多いことから、糖尿病患者はあらゆる病棟に存在しており、また今後、さらに増加するとも予想されています。糖尿病は薬物療法、食事療法、運動療法が必須で、かつ患者の自覚を必要とし、日常生活が病気の予後に大きく影響する病気です。ナースには、患者の置かれた状況を知り、心理的な援助、指導、教育等をするという重要な役割が求められますが、そのための具体的な方法を学べる機会はあまりありません。そこでこの本では、糖尿病患者によく聞かれる質問を100問選び出し、患者の背景に応じた対応の仕方をその根拠とともに紹介しています。困った時にパッと利用できるように、糖尿病看護に関する実践的な最新情報・ケアのコツを、図表などもたくさん使って専門のナースたちが提供しています。まさに看護職たちの経験から生まれた、看護職による、看護職のための本です。資料として、標準および最新治療法についての、糖尿病専門医による一文を併載しました。


1章 質問と回答
1.治療法
1)薬物療法(質問1~24)
例:質問1 インスリン注射を始めると一生続けなければいけないのでしょうか? 最近血糖値が下がって安定してきていますが、インスリンを内服薬に代えることはできませんか?
2)食事療法(質問25~45)
3)運動療法(質問46~54)
2 合併症
1)細小血管障害:糖尿病神経障害、糖尿病網膜症、糖尿病腎症(質問55~67)
2)大血管障害(質問68~72)
3)感染症(質問73~78)
4)その他(質問79)
3 発達段階
1)小児・学童期(質問80~85)
2)青年期(質問86,87)
3)妊娠期(質問88~93)
4)壮年期(質問94,95)
5)老年期(質問96~100)

2章 付録:Q&A いまさら聞けない糖尿病インスリン治療の基礎
1)インスリンの種類と特徴
2)インスリン治療に伴う手技と注意点
3)低血糖状態とその対処

3章 資料
糖尿病の治療法~今できることとやるべきこと、さらに最新の治療について
おすすめの糖尿病関連本&資料
索引

カテゴリ一覧

ページトップへ