0
¥0

現在カート内に商品はございません。

詳細検索ページへ

看護教育教材シリーズ:エキスパート向け教材 CD

看護倫理編(CD-ROM)

  • 文部科学省メディア教育開発センター 制作・著作 日本看護協会 監修
  • 2002年04月発行
  • 978-4-8180-
※直販扱いになりますので「書店からの購入」はできません。
ご注文の際には、「弊社からの直接発送」ボタンを選択してご注文ください。
本体価格(税抜): ¥3,000
定価(税込): ¥3,300
在庫: 品切
カートに追加しました。
カートへ進む

ターミナル期の患者・家族・スタッフの生の声と映像を教材に、自己決定を支える過程を学ぶ。看護倫理の専門性を追求するためのニューメディア・テキスト。


1.看護倫理とは 2.ICNのCode 3.日本看護協会 看護婦の倫理規定 4.患者の自己決定を支えるために──患者の声から(治療の決定と自己決定にかかわる要因、看護婦さんって何をするひとですか?)、家族の声から(看護婦さんは何をする人なの?、患者に関心をもってください、私たちにわかる情報がありません、情報の整理とサポート)、スタッフの声から(自己決定には知識が大切、患者の視点に立って、時間をかけて、変化に気づく、患者を中心に家族も支える、何もしない選択を支える、療養場所の選択、チーム医療を進めるためには) 5.自己決定を支えるための準備

カテゴリ一覧

ページトップへ

この商品のレビュー ☆☆☆☆☆ (0)

まだレビューはありません。

レビューを投稿